タイ発の名古屋風ラーメン?? 【本味ラーメン】 全メニューの紹介

サワディーカップ。

先日、セントラルチョンブリを探索していたら、たまたま「名古屋風オリジナルラーメンの本味ラーメン」というラーメン屋があることを知り、行ってみたので、ブログを書いてみました。お店の場所、雰囲気、メニューを紹介したいと思います。
チョンブリ県に住んでいて、日本風のラーメンを探している方の参考になれば嬉しいです。

こちらの「本味ラーメン」タイランドハイパーリンクスの情報を見て初めて知ったのですが、タイ企業のBETAGROグループという会社が1984年に創業したお店のようです。(私の人生よりも先輩です)

バンコク、バンコク郊外での店舗が増加しているです。

ただ、そもそも名古屋風ラーメンって何だろ?と思う方も多いと思うのですが、Googleで見ても日本では名古屋風ラーメンとして展開しているお店はなかったです。いちおう、日清食品が「名古屋風ラーメン 和風とんこつ」という製品を製造していた(今は製造終了)ようなので、そこから影響を受けたのかもしれないですね。

お店情報

店頭の写真

店名:本味ラーメン(HonAji Ramen)
営業時間:月 – 金(10:00-21:00) 土日(10:00 – 22:00)
電話番号:033-000-790
定休日:なし
駐車場:セントラルチョンブリ内で多くあり
住所:หมู่ที่ 1 55/88-89 Sukhumvit Rd, Samet, Chon Buri District, Chon Buri 20000
場所はこちら

お店の雰囲気

お店の店内とセントラルデパートの通路にはお店用の壁はなく、フードコートのような感じの店内になっています。ラーメンの香りを歩行者に嗅がせて、集客したいのかなと思ったのですが、あいにくデパート側にいてもラーメンの香りは全くしませんでした(笑)

いちおう、店頭にも一部のメニューが紹介されており、店頭でメニューを確認し入店するかしないかと判断している人がけっこういました。

実際に店内に入ると、名古屋城??を思わせる絵がドーンとありました。

いろいろメニューは見たのですが、まずはお店の看板メニューである「名古屋風ラーメン」のとんこつラーメン レギュラーサイズ(129THB:税別)とお水を注文してみました。

お気づきの方、いるでしょうか??実は、このラーメン、レギュラーサイズはけっこう小さめの器で、量もそれなりに少ないです。イメージでいうと、屋台のバミー1杯分くらいです。ある意味、小食の方には、ちょうどいいサイズなのかもしれませんが、正直ラーメン好きで、食べなれている方からすると、一杯の量はかなり少ないと思います。そのため、がっつり食べたいという人には、ラージサイズでの注文をお勧めします。

肝心の味はというと、そこまで豚骨臭くはなく、少し薄味の豚骨ラーメンという印象です。麺はちょっと茹ですぎかなというような柔らかい麺でした(笑)

レギュラーサイズで小さめだったという事もあり、2杯目を注文してしまいました。

こちらは、味噌ラーメンレギュラーサイズ(119THB:税別)です。

こちらも豚骨ラーメン同様、そこまで濃い味噌味ではないですが、8番ラーメンと比較すると、私はこちらの味噌ラーメンのほうが好きです。

また、テーブルの上にある調味料は餃子用のラー油、お酢、醤油で塩コショウなどはありません。

メニュー

ここからは全メニューの紹介をしてきます。

看板メニューのとんこつラーメンです。

厚切りチャーシュー付きのとんこつラーメンです。

ピリ辛とんこつらーめんです。厚切りチャーシュー付きのピリ辛とんこつらーめんもありますす。

こちらは、四川麻拉麺という辛そうなラーメンです。こちらはスープなし??かもしれないです。

こちらも四川麻拉麺にも、厚切りチャーシュー付きメニューがありますが、省略します。

こちらは、注文してみた味噌ラーメンです。こちらも+30THBで厚切りチャーシューをつけることができます。

こちらは、しょうゆラーメンです。こちらも+30THBで厚切りチャーシューをつけることができます。

こちらは、名古屋風ではなく、タイ風のトムヤムラーメンです(笑)

そして、餃子入りのピリ辛とんこつらーめんです。

こちらの辛味噌ラーメンはよく見かけますが、キムチ鍋らーめんというのは斬新ですね。かなり強引な気もしますが、麺はらーめんなので、ラーメンなのでしょう。このあたりは名古屋の面影は一切ゼロです。

これは、ざるらーめんですが、8番らーめんのメニューをだいぶ意識してますね~。

ご飯ものメニューもしっかりありました。

カルボナーラ ラーメン。。。です。正直、美味しそうですよね。あくまでもラーメン屋なので、ネーミングは外せません。そして、このメニューで、名古屋どころか、日本を含めたアジアが消えました(笑)

ラーメン屋でサラダってというのも斬新ですね~。売り切れが目立ちますね。

再び、ご飯ものメニューです。ビビンバも登場し、よりインターナショナルになりました。

餃子メニューなのですが、個人的には「お好み焼き風餃子」がすごく気になります。

コチュジャン唐揚げ、普通に美味しそうですね。

こちらはトッピングですね。角煮チャーシューは、厚切りチャーシューと同じものだと思うのですが、トッピングの料金はラーメンの注文よりも+40THB上がってしまうみたいなので、気をつけましょう!

トッピングに加えて、とんこつスープ、味噌スープなどが売っています。

単純にスープだけ試したかったら、これだけ頼めば大丈夫そうですね。

こちらはドリンクメニューです。アルコールは販売していません。

最後に

この日、注文したのは豚骨ラーメン、味噌ラーメン、お水、で合計286.75バーツでした。

似たようなお店の8番ラーメンと比較してしまうと、味はこちらの本味ラーメンのほうが美味しいように感じます。(今回、食べたメニューについて)

しかし、ボリューム感でいうと、レギュラーサイズでは少し物足りなさを感じてしまうので、お腹が減っているなら、1杯でも満腹になる8番ラーメンに行ってしまうかもしれません。

しかし、カルボナーララーメン等、斬新なメニューがあり食べてみたいメニューもあるので、次回、そういった新しいメニューにトライしていみたいと思います。

関連記事