タイ発の丼ぶり専門店??【かかし KAKASHI】に行ってみた

サワディーカップ。

先日、セントラルチョンブリにてかかし(KAKASHI)という日本語で書かれた怪しげなお店を見つけ、行ってみたのでブログを書きました。このかかしというお店はタイでもレストラン展開や飲料水を製造販売していて有名なOISHI Groupが展開しているお店のようです。

また、調べてみるとタイ国内ではバンコクを始め、9県で20店舗以上展開しているお店のようです。出店場所は主に、セントラルデパートやBigcなどの大型ショッピングモールとなります。

お店情報

店名:かかし(KAKASHI)セントラルチョンブリ店
営業時間:10:00-22:00
電話番号:038-053-972
定休日:なし
駐車場:セントラルチョンブリ内のため100台以上あり
住所:3rd Floor, CentralPlaza Chonburi, Samet, Chon Buri District, Chon Buri 20000
場所はこちら

お店の雰囲気

店内に入ると、ファーストフード店のような安っぽいテーブルと椅子がたくさんあります。

また、注文はKFCやマクドナルドと同様に、カウンターでの注文のみとなります。注文し、お会計を済ませると、呼び出しアラームを受け取り、料理が完成するとアラームがなるので、自分で取りに行くというシステムです。

実は、何を隠そう、今回、この店頭でのメニューの写真を見て、たまには「ガッツリ」丼ぶりを食べたいなという思っていたところにこの看板が現れたのです。

そして、その中でもこの写真のボリューム感はすごいですよね。

注文しても食べきれるかなという不安と、他に誰か同じようなものを注文していないかなと周りを見回したのですが、店内のお客さんはほとんど女性で、1人jか、女子高生か中学生かの団体で、誰もいなかったのです。

まあ、食べてみないとわからないという事で「Spicy Don with Onsen Tamago牛肉」を注文です。

そして、待つこと10分程度。。ようやく料理が出来上がったことを知らせるアラームがなり受け取りです。

「あれ??」「なんか、写真のイメージと違うような。。。」

ちょっと、1回比べてみましょ。

「ボリューム感が、全然違う。。。」

写真では、「お肉がはみ出て落ちるのではないか!」と言わんばかりに、ふんだんにお肉が使われていますが、でてきた実物は、「まあまあそれなりに落ち着いているよね」と昔は少しつっぱっていた大人が、落ち着いたような、「全く写真と違うのではないか!!!」とは強く言えないものの、もやもやしたものが心に残る丼ぶりでした。。。。

メニュー

店内のメニューは大きなこの1枚のメニューだけです。

そして、このお肉がすごく溢れているのが人気・おすすめメニューになるのかと思います。

こちらは、オムレツカリーのようです。チーズトッピングは美味しそうですね。

こちらは、通常の丼ぶりメニューでしょうか。焼肉丼、キムチ丼など、シンプルな丼ぶりメニューです。
サラダ、キムチ、味噌汁などもあります。

こちらは、餃子や唐揚げ、かにかまです。飲み物は4種類です。

最後に

今回、完全に看板のような溢れんばかりのお肉を食べてみたくて入ったのですが、量的にはすき家(タイ)の大盛くらいの量で、そこまでお腹が一杯になるというものではありませんでした。

そのため、これを食べ終わった後に、Oishi RamenというまたOishji Groupの別のお店に足を運びました。

このブログがまだ行ったことがない方、これから行こうと思っている方の参考になれば嬉しいです。

関連記事