【タイ現地採用 1ヶ月の生活費】2022年7月編

サワディーカップ。

このブログでは、タイで現地採用として働く私が実際にタイで掛かっている1ヶ月(2022年5月)の生活費を紹介したいと思います。これから、タイへの移住やタイでの海外就職を検討している方、既に現地採用として働いている方の参考になれば嬉しいです。

現在住んでいるエリアは、チョンブリ県のシラチャという日本人の人口密度が世界一高いと言われた事がある世界的にも異様な町です。2022年に2月~シラチャに住んでいます。

2022年7月 1ヶ月の生活費・支出

7月は、54,795 THB(約201,916円)でした。※円は8月3日のレート換算

7月の大型出費

・スキューバダイビング 3,600 THB

・ホテル代金総額 4,078 THB

2022年7月 生活費・支出の内訳

食費 30,424 THB
日用雑貨 400 THB
交通費 1,543 THB
エンタメ 9,753 THB
美容・衣服 255 THB

通信 300 THB
住まい 10,360 THB

その他 1,760 THB
合計 54,795 THB

食費の詳細

食料品 2,321 THB
朝ごはん 95 THB
昼ごはん 1,268 THB
晩ごはん 1,375 THB
飲み物・カフェ 728 THB
飲み会 16,789 THB
お酒 7,848 THB

7月の食費 合計 30,424 THB

(6月の食費 合計 26,414 THB)

食費は4,000THBほどの上昇ですが、5月(11,247THB)と比べると、約3倍になってしまいました。

犯人はお酒を飲むための飲み会です。。。(@_@)

住まい費の詳細

家賃 9,000 THB
電気代 696 THB

水道代 140 THB
インターネット代 524THB

7月の住まい費 合計 10,360 THB

(6月の住まい費 合計 5,579 THB)

住まい費は7月から完全独り暮らしになったので上がりました。

最後に

7月は気づけばこんなにも使っていた。。。というくらいお酒&飲み代に使ってしまっていました。

直近の5月、6月、7月が3カ月連続で5万バーツ以上を使い込んでしまうという現地採用生活らしからぬ支出を記録してしまったので、8月はかなりお酒に対して自粛します。

具体的には、部屋での一人酒は禁止します。8月はマジです。

おそらく上記を実行するだけで、かなりのお酒の量とお酒に対しての支出が減ります。

そして、さらに本気でタイ語の勉強に時間を費やす月にしたいと思います。外でのお酒も会食等の仕事以外は、基本的に週1日までにします。

ちょっといろいろなストレスで7月はガッツリ使い込んでしまいましたが、反省を活かして8月末にどのような変化があるのか自分でも楽しみです。

7月に読んで面白かった本

夢をかなえるゾウのシリーズで新作が出ました!

仕事のモチベーションが下がっている、タイでこれから何を目標に生活をしていいいか迷っている。

そんな人におすすめ本だと思います。Kindle版ならIpadやタブレットがあれば読むことができます。

タイでの生活の収入アップを目的に副業をしています。タイでの生活資金を少しでも増やしたいと思っている人は、実際にどのくらいの副業収入があるのかを公開しているので参考にしてください。

7月の副業結果はボコボコした。。。

のブログが、これからタイへの移住やタイでの海外就職を検討している方、既に現地採用として働いている方の参考になれば嬉しいです。

Twitterもやっているので、良かったらフォローお願いします。
Twitterアカウント https://twitter.com/kei_thai0358

↓↓他のタイ在住のブロガー情報はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事