タイ最大級の羊牧場【パタヤ・シープ・ファーム】大人も楽しめる観光地 Pattaya Sheep Farm

サワディーカップ。

先日、パタヤにあるシープファーム Pattaya Sheep Farmに行ってきたので、ブログを書きました。バンコク等の都心に住んでいると、ネコや犬、野生のネズミ以外の動物を見る機会がなかなかないと思うのですが、こちらの羊牧場では、様々な動物と触れ合えることができるため、子どもはもちろん、大人でも楽しめます。

このブログが、まだ行ったことながない方や、これから行こうと思っている方の参考になれれば嬉しいです。

パタヤ・シープ・ファームの基本情報


こちらのパタヤ・シープファームはタイ国政府観光庁のウェブサイトでも紹介されているのですが、タイ国内最大級の羊牧場となり、羊だけではなく、ヤギ、馬、牛、アルパカなどの様々な動物が飼育されており、エサやり等ができる牧場となっています。

タイ観光公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/pattaya-sheep-farm/

施設名:パタヤ・シープ・ファーム Pattaya Sheep Farm
ウェブサイト:http://www.pattayasheepfarm.com/
営業時間:9:00 – 18:00
電話番号:092-321-6718
定休日:不定休
駐車場:30台以上あり
住所:73/8 ม.3 หนองหัวแรด 6 Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150
場所はこちら

行き方

パタヤ市内から車で15分~20分程度の場所にあるため、Grabタクシーなどを利用しても、そこまで費用をかけずに行けるかと思います。シラチャからだと30~40分くらいで到着します。

入場チケット・料金

牧場内の入口です。こちらで、チケット買ってから中に入っていきます。

以前は、チケットごとで料金が別れていたようなのですが、現在は入場料金の1種類のみです。

タイ人、外国人でもタイの運転免許証かワークパミット保有:160バーツ
・一般外国人:350バーツ
・120㎝以下の子ども:無料

ちなみにタイ人向けの料金はタイ文字で書かれているため、タイ文字を読める方でないとタイ人の料金がいくらなのかはわかりません。こういった観光名所では、タイ人向けに作られた料金表がたくさんあります。

牧場の雰囲気

牧場内の地図

地図で見てもわかると思うのですが、タイ国最大級といわれているだけあり、牧場内はかなり広いです。この日の天気はくもりだったのですが、それでも歩いて移動していくうちにかなりの汗をかきました。これが、乾季の真夏日とかであると、水分補給なしで牧場内を見て回るのは大変なので、必ず飲み物を持っていくことをお勧めします。

こういった馬車に乗って、敷地内を回るツアーも開催されているようです。

馬車だけではなく、汽車にも乗ることができます。

誕生日ケーキがテーマのオブジェがたくさんありますね~

風車には、トイストーリーのウッディらしきオブジェが座っています(笑)

シープファームの象徴ともいえる大きな羊のオブジェです。かなり大きくてインパクトがあり、顔がリアルでちょっと怖いですね。ナイトミュージアムの映画みたいに動き出すことを想像すると、めちゃくちゃ怖い(笑)

「3匹のこぶた」の家

こちらはおとぎ話コーナーです。おとぎ話のテーマごとにオブジェが作られており、白雪姫、ジャックと豆の木など、様々なテーマのオブジェが飾らています。

動物にエサをあげよう

牧場内の醍醐味といえば、動物へのエサあげです。エサはたくさんの場所で売っていて、ニンジンが20バーツキャベツなどの葉物とニンジンのセットが40バーツで購入することができます。

この観光客からのエサが動物達の食料になっている部分もあるようで、写真の羊も身を乗り出して、必死にエサをもらおうとしています。

動物達もかなり人馴れしているのか、こんなにカメラが近づいても全く動じるどころか、エサを持っているとかなり積極的に口を出してくるので、近づきすぎて手を噛まれないように要注意です!!

亀にも直接エサをあげることができます。

一方で飼育員さんからエサを与えられた動物達は目の前のエサを食べるのに必死でした。

こんな角があるヤギもいます。

この小さい動物はなんというか忘れましたが、モルモットかな。

実際に、動いている動画です。かなり元気があって、見ていて面白いです。

ウサギは本当にニンジンが大好きみたいで、あげてもあげてもどんどん食べてくれます。

まさかの、鹿もいます(笑) が、エサをあげられる場所ではありませんでした。もしかしたら、どこかからあげられるかもしれないです。

豚にもエサをあげることができます。そして、たまたまお母さんからのミルクの時間を見ることができました。

大きなホルスタインもいて、けっこううるさく「モー・モー」鳴いてます。

ポニーに乗れる乗馬体験もありました。

最後に

今回、実際に行ってみて予想以上に楽しむことができました。

カップルでも、お子様連れの家族でも、友達同士でも、ゆっくり楽しめる施設だと思います。

動物好きな方ならもちろん、そんなに動物が得意ではないという方も、ウサギのような小動物にエサをあげるとけっこう愛着が湧いてきたり、癒されると思います。(個人的主観)

最後の最後に、牧場内はいたるところに動物のフンが落ちています。また、フンの臭いもなかなかのものです。現在はコロナでマスクをつけること1つのマナーとされているので、マスクをつけると臭いもある程度やわらげることができますが、夏の暑い日などはマスクを外さないと熱中症の危険などがあるため、その際は、ある程度の臭いを覚悟して行ってください。

このブログが、まだ行ったことながない方や、これから行こうと思っている方の参考になれれば嬉しいです。

関連記事