【タオ島】超肉厚ハンバーガーのお店「HIPPO BURGER」に行ってみた!

サワディーカップ。

先日、タオ島にある超肉厚ハンバーガーのお店「HIPPO BURGER」に行ってみたので、ブログを書いてみました。お店の場所、雰囲気、メニューを紹介したいと思います。
タオ島で、美味しいハンバーガー屋さんを探している方の参考になれば嬉しいです。

このブログを読んでほしい人
・タオ島を旅行中、旅行を検討している人
・タオ島で、美味しいハンバーガーを食べたい人

HIPPO BURGER BISTROとは

タオ島の人気ビーチのサイリービーチからバイクで5分程度の場所にあるハンバーガー屋さんです。
GoogleMapの口コミ数が多く、欧米人だけではなくタイ人のお客さんも多く訪れているお店です。

ハンバーガーの値段は決してリーズナブルというものではないのですが、超肉厚で美味しいお肉がお客さんを引き寄せているお店のようです。

お店情報

店名:Hippo Burger Bistro
Facebookページ:https://m.facebook.com/Hippoburgerkohtao/
営業時間:11:45 – 23:00
電話番号:085-226-2648
定休日:なし
住所:Sairee Main Road Koh Tao Koh Phangan, Surat Thani
場所はこちら

お店の雰囲気

こちらは、お店の正面から撮った写真です。

お店のテラス席は、敷地内にある大きな木が木陰を作ってくれており、暑い日中でも快適に過ごす事ができます。

店内のドリンクカウンターには、大きくHIPPO(カバ)の字が(#^.^#)
なぜ、HIPPOなのかは不明です。。(笑)

テラス席もテーブル卓数が多くあるのですが、店内もテーブル席、カウンター席が多くあります。

店内奥には、さらにテーブル席があり、お客さんの収容人数ではタオ島飲食店のトップクラスに入りそうです。

後ろの壁には、スターウォーズのトームトルーパーをカバのアートが描かれています。

他にも店内には、カバの顔をベースにしたアートがちらほらと!!

こちらにも、カバの顔と著名人のコラボアートがありました。なかなかユニークなお店ですね。

この日は、喉がすごく乾いていたこともあり、チャンビール(缶 60バーツ)を注文。
グラスや氷等はなく、そのまま缶での提供でした。この辺りは、ちょっと雑ですね(笑)

テーブルセットは、ケチャップ・マスタード等の一般的なものです。

注文してから約15分ほど待って、ようやくハンバーガーが到着しました。お店はあまり混んでいなかったのですが、お肉を焼くのにけっこう時間が掛かるそうです。

今回、注文したのはお店で最も人気だという「Hungry Hippo」というお店のスペシャルバーガーです。
バンコク・パタヤにあるプライムバーガーに比べるとハンバーガー単体での値段が320バーツは、けっこうお高めです。

ハンバーガーの上から真っ直ぐ刺さっているのは、まさかのナイフ。斬新ではありますが、少し怖いですし、日本では行儀が良いものではありませんね。

ハンバーガーの高さは約15cmくらいなので、マクドナルドのハンバーガーのように片手で掴むことも、一口で上からかじることも不可能なサイズです。

あまり、この手のハンバーガーを食べるのに慣れていないのですが、ナイフをフォークを使ってカットしてみることに。

カットしてみると、キレイに肉厚のお肉の層が現れました。中には、超肉厚のお肉が2枚も!!
他にも、ベーコンや野菜が入っていました。

今回注文したHungry Hippoは1個食べればお腹一杯になります。
サイドメニューは逆になくて良かったです(笑)

メニュー(Menu)

メニューはクリップボードに付いている紙メニューとなっています。
全体的に、紙メニューのために、使い込まれている感がすごくあります(笑)

こちらは、終日のハッピーアワーメニュー??(つまり普通価格)という事で、カクテル100バーツ、ハウスワインが140バーツで提供されています。

こちらは、メインのハンバーガーメニューです。
メニュー名だけだとハンバーガーのイメージが付かないのですが、メニューボードの一番下に一部のバーガーのメニューが掲載されています。

ビーフバーガーは180バーツ~、チキンは160バーツ~、ポーク・ベジタリアンは170バーツ~、ラムは250バーツ~とバンコクや都心の美味しいハンバーガー屋と価格はあまり変わりません。

中でもお店がおすすめのHungry Hippoは320バーツとなかなかの値段です。
こちらの価格は全てハンバーガー単体の値段となり、サイドメニューは+70バーツで付けることができます。

こちらは、上記ハンバーガーメニューの写真です。どれもかなり大きいです。

こちらは、前菜、メイン、サラダ、パスタメニューです。

メインメニューは、主にステーキです。

こちらは、アルコールドリンクのメニューです。

クラフトビールはボトル、他のビールは330mlの缶ビールで提供されます。

こちらは、ソフトドリンクのメニューです。

シェイクやフルートジュース等が提供されています。

メニューは以上です。

最後に

今回のお会計は380バーツ(Hungry Hippo 320バーツ+ビール60バーツ)でした。
VATやサービスチャージがないのは嬉しいですね。

今回、初めて「HIPPO BURGER」に行ってみたのですが、ハンバーガー自体はこだわっていて美味しいのですが、個人的には値段の高さが気になりました。
恐らく、このお店は欧米人のお客さん向けに作ったのではないかと思います。

タイ・タオ島は、欧米人の旅行先やダイビングスポットとしても有名なので、多くの欧米人が1年を通して滞在しています。2021年4月現在は、コロナウイルスの影響で激減してはいるものの、それでも欧米人の人口比率は他の地域と比べると圧倒的に高いので、そういった需要から作られたのではないかと勝手に推測しています。

ただ、実際には立地がサイリービーチの近くにあったり、タイ人の口コミが多いせいか、欧米人だけではなくタイ人のお客さんが多く来店していました。タオ島で、ちょっと良いハンバーガーを食べたいなと思った際には、ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか。

このブログが、タオ島で、美味しいハンバーガー屋さんを探している方の参考になれば嬉しいです。

関連記事