【パタヤ・シラチャ】動物が近い!カオキアオ動物園の楽しみ方

サワディーカップ

先日、タイ東部チョンブリ県(シラチャ・パタヤ近く)にある「カオキアオ動物園」に行ってみたので、ブログを書いてみました。施設での楽しみ方、施設の雰囲気等を紹介したいと思います。
パタヤ・シラチャ近くでの観光スポット、デートスポット、家族旅行としても楽しめる場所を探している方の参考になれば嬉しいです。

この記事を読んでほしい人
・タイにある動物園に行ってみたい人
・シラチャ・パタヤ近くで観光スポットを探している人
・シラチャ・パタヤ近くでデート、家族で楽しめる場所を探している人

カオキアオ動物園とは?

カオ・キアオ動物園の名前の由来は、「緑の山(カオ・キアオ)」にある動物園というのが由来のようです。また、近くには、カオキアオ・カントリークラブというゴルフ場もあります。

約8000平方kmという超巨大の広さの施設内には、約250種、3000頭ほどの動物が暮らしているようです。(タイ観光庁情報)

園内では、象が水中で泳ぐ姿を見られたり、トラ、ライオン等の様々な動物が見れるショーがあったり、キリンに直接エサをあげることもできます。

動物園の施設情報・行き方

施設情報

施設名:カオキアオ動物園(Khao Khaew Open Zoo)
webサイト:http://www.khaokheow.zoothailand.org/en/
タイ国政府観光庁サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/khao-khaew-open-zoo/
営業時間:8:00 – 18:00
電話番号:038-318-444
定休日:なし
駐車場:多数あり(車の駐車料金は1台80バーツ:時間制限なし)
住所:235 Moo 7, Tambon Bang-Pra, Amphur Sriracha, Chonburi 20110
場所はこちら

行き方

行き方は現在は下記の2つしかないようです。
以前は、JTBツアーでバンコクからの日帰りツアーがあったようなのですが、現在はないようです。動物園にもローカルツアーの代理店を紹介してもらい、電話で確認したのですが、タイ在住者向けのツアーは行っていないようです。以前は旅行者向けにやっていたようなのですが、現在、コロナウイルスの影響で一般の観光客は入国に制限がかけられている状態です。

・自家用車で行く
※シラチャから約30分、パタヤから約1時間、バンコクから約2時間

・タクシーで行く
シラチャ市内からだと、グラブタクシーで片道約280バーツ(移動時間30分)で行けるようです。

会社の旅行などで行く以外は、上記の方法しか行く方法がないようですが、バンコク在住者の方が最も安価で行ける方法はバンコク・エカマイバスターミナルから、シラチャへ行き、そこからグラブタクシーを利用するのがお勧めです。

バンコクからシラチャへの行き方「バス編」はこちらをどうぞ

動物園の入場料金

入場料金
タイ人大人 150バーツ
タイ人子供 30バーツ
外国人大人 250バーツ
 ※ワークパミットを見せる事で150バーツになります。電話確認済み。運転免許証不可
外国人子供 100バーツ
軍隊、警察、学生 70バーツ
身体障害者、60歳以上 無料

駐車料金
バイク 40バーツ、車 80バーツ、バス 100バーツ

大人2名で自家用車で行くと、入場料金150バーツ×2名、駐車料金で80バーツで380バーツとなります。

園内の移動方法・楽しみ方

園内での移動方法は3つあります。

1.トラムと言われるバスに乗って移動(無料)
 できるだけお金は節約して、動物園を楽しみたい方。(全ての場所は行けない)
2.ゴルフカートをレンタルする(有料)
 自分達のペースで見たいものを見て動物園を楽しみたい方。(全ての場所に行ける)
3.自家用車で移動

 エアコンが効いた車で周りたい方(全ての場所は行けない)

私のお勧め方法は、初めにトラムで周って見て、どんな動物がいるのかを確認します。
その後、ゴルフカートを借りて、自分が見たい動物だけを中心に回る方法です。
トラムで周った後にゴルフカートで園内を移動するので、時間は掛かりますが、できるだけ費用を安く抑えて、動物園をできるだけ満喫できる方法だと思います。

上記写真がトラムと言われているバスです。いくつか停留所があり、自由に乗り降りできます。トラムも15分~30分おきに違うトラムが通るようになっているので、降りた場所まで戻ればまたトラムに乗ることが出来ます。

ゴルフカートでの移動は便利です。

ゴルフカートであれば、全ての場所に行くことができます。

トラム、自家用車での移動の場合、行けるエリアが限定されています。

トラムが止まる停留所は地図の左側の部分となります。逆に、自家用車で行ける部分は地図の右側の部分になります。

ゴルフカート入口近くのセブンイレブン、少し園内に入った先と2カ所場所がありますが、セブンイレブンの近くで借りたいという話をすれば、園内の先にある場所でカートで連れて行ってもらえます。

ゴルフカートを借りるためには、身分証明書(パスポート、運転免許証)が必要となります。

カートの料金は4人乗り、6人乗りで料金が異なります。

4人乗り500バーツ、6人乗りは700バーツ(2時間の料金です)
2時間を過ぎた場合、20分、30分、40分、50分、60分と延長料金が加算されていきます。

また、カートを借りる際は、デポジット500バーツを現金で渡す必要がありますが、2時間以内に無事に返却すれば500バーツはそのまま返ってきます。

ゴルフカートは借りる際に簡単に操作方法を説明してくれますが、非常に簡単で、スピードもあまり出ないので運転が苦手な方でも問題なく操作できると思います。

園内の雰囲気

トラムやゴルフカートで移動すればすぐに左右にいろんな動物達が見えてきます。

カバがいる池では、橋の上からカバにエサをあげることができます。人が橋の上に来ると、カバが口を開けるので、口の中にエサを上手く入れてあげることができればエサやり成功です。

その中でもキリンがいる場所はかなり広く、キリン以外の動物も同じ場所にいます。

また、人が入れる場所のすぐ近くに大きなキリンがいるので、手で直接エサをあげることができます。

鳥専用のエリアもあります。

中には、クジャクもいて、すぐ目の前を歩いています。いちおう、策もありますが、普通に道にいます。

中には、滝もあり少し涼しめです。滝の近くでは、小さな虹を見ることもできます。

タイの定番動物の像もいます。

夢を食べると言われているバクもいました。

サルは普通に道にいたり、食べ物を売っている屋台の近くにもたくさんいるので、注意が必要です。

エサをあげている人も多くいるので、エサ欲しさに近づいてきたり、ゴルフカートに置いてあるものを盗んだりするので、ゴルフカートに置いていくものは盗られてもいいものだけ残していきましょう。

時間のタイミングがよく、トラのショーを見てきました。

トラだけではなく、様々な動物がショーに現れるので、なかなか楽しめると思います。お勧めです。

最後に

園内では、ペンギンショー、像のショー、タイガーショーと様々なショーが開催されています。

私は今回、像のショーを見ることが出来なかったのですが、像が泳いでいる様子を水槽で見ることが出来るようなので、見れたら圧巻の光景になること間違いなしです。

このブログで紹介していない動物もまだまだたくさんいるので、ぜひ、興味がある方には一度は足を運んでいただきたい動物園です。

このブログが、パタヤ・シラチャ近くでの観光スポット、デートスポット、家族旅行としても楽しめる場所を探している方の参考になれば嬉しいです。

↓↓クリックして頂けると人気ランクが上がり、ブログ更新の励みになります(^v^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

近くのお店・施設情報はこちら
>>【シラチャ】タイガーズー料金・施設を紹介

>>【シラチャ】大自然の中のカフェ「バンプラヌア」に行ってみた!

関連記事