【タオ島】映えスポット!マンゴービューポイントの行き方

サワディーカップ。

先日行ったタオ島旅行中に有名なマンゴービューポイントに行ってみたので、ブログを書いてみました。ビューポイントの場所、行き方、景色を紹介したいと思います。
タオ島で、キレイな景色のビューポイントを探している方の参考になれば嬉しいです。

このブログを読んでほしい人
・タオ島を旅行中、旅行を計画している人
・タオ島で、森の中のハイキングを楽しみたい人
・タオ島で、キレイな景色のビューポイントに行ってみたい人

マンゴービューポイントとは

名前の由来は定かではないのですが、ビューポイントに向かう途中にたくさんのマンゴーが落ちています。
そして、このビューポイントの入口は1つしかないのですが、その先に合計3つのビューポイントがあります。
途中、分かれ道になっているので初めて行くと戸惑いますが、それがまた違った景色のビューポイントになるので、3つとも行くべきビューポイントです。

マンゴービューポイントは、タオ島の西側に面しているため、夕日が綺麗に見えると思いますが、夕日が沈んだ後の山道は暗くて危険なので気をつけてください。

事前に用意しておいたほうが良い物
・虫よけ⇒ 森の中を歩くので、いろんな虫がいます。
・長ズボン⇒ 道中の雑草がひざ下まで伸びている場所があります。
・スニーカー ⇒ 滑りやすい道、急勾配の道があります。

マンゴービューポイントの場所と行き方

ロケーション名:Mango View Point
 この他にも同じ入口から入れるビューポイントが2つあります。
 「summit view point」「180 view point」という場所です。
料金:100 THB ※値段交渉ができる場合があります。
マンゴービューポイントの場所はこちら

タオ島の移動はレンタルバイクがおすすめ

マンゴービューポイントへの行き方

行き方ですが、Google MapでMango View Pointと検索すると港からや人気のサイリービーチからの経路がすぐに見つかります。

移動方法は、安全に早く行くならタクシー、安く早く行くならバイク、安全に行くなら徒歩で行くことができますが、ビーチから徒歩の場合は大変なので、コンクリートで舗装されている道路までは、バイク、それ以外は徒歩などと組み合わせるとより安全に行くことができます。

なぜ、安全・安全と何度も言うかというと、マンゴービューポイントへの経路はタオ島にある様々なビューポイントの中でも険しい道のりになり、手軽に行けるバイクではけっこう危ない道を走ります。

マンゴービューポイントへ向かう途中は、山道となり、コンクリートで舗装された道路だけではなく土の道もあります。上記写真のような道の上り坂は一度道を踏み外してしまうと、抜け出すのに時間が掛かったりと大変です。

コンクリートの道と土の道があるので、運転に自信がない方は、その場にバイクを止めて歩いて行くほうが安全です。

ある程度、上り坂を進んでいくと、上記写真の建物が見えてきますが、この建物はスルーです。

ここから上り坂を登った先に、バイクの駐車場と休憩できる場所があります。

こちらのJIM BARと書かれている場所に到着すると、どこに行くかと聞いてくる人がいます。

マンゴービューポイントに行くと伝えると、100バーツと言われますが、私は英語で50バーツにしてと言って、50バーツにしてもらえました。ぜひ、値段交渉してください!!!

バイクで行く場合は、この場所に駐車する事をおすすめします。入口スタッフの人は、この先もバイクで行っていいよと言われますが、来た道よりも大変なのでここからは歩いたほうが良いです!!

私はバイクを止めたので、歩いてマンゴービューポイントに向かいます。道はこんな感じでかなり狭いです。

5分ほど山道を歩いて行くと、分かれ道があります。

左側は下り坂、右側は上り坂。ビューポイントに向かっているんだから、上り坂が正解だろう!!

と思う人が圧倒的に多いのですが、マンゴービューポイントは左側の下り坂になります。以前は、案内看板があったようですが、壊れていてわからない状況でした。

右側の上り坂の先には、SUMMIT ビューポイントと180°ビューポイントという2つのビューポイントがあります。

下り坂を進み、また上り坂を進んでいくと、マンゴービューポイントへの入口が見えてきます。

welcomeの看板が完全に隠れており、しばらく観光客が訪れていなかったんだろうな~という事が伺えます。

このまま先を進みます。

すると、カフェ・レストランのような建物が見えてきます。

お店の形はそのまま残っていますが、残念ながら人はいませんでした。

このような座れる席もお店にはありました。

SUMMIT VIEW POINTへの行き方

マンゴービューポイントへ行く際は、左の下り坂を向かいましたが、SUMMIT VIEW POINTへ向かう際は、右の上り坂に進んでいきます。

途中にまた2つの分かれ道があるのですが、サミットビューポイントは看板の矢印に向かって進みます。

反対側へ行くと、180 VIEW POINTがあります。

道はかなり細くなっています。

しばらく歩くと、ようやく入口のような場所が見えてきます。

SUMMT VIEW POINTに入るには、100バーツが掛かると書いていますが、マンゴービューポイントでの入口で既に払っただけではダメなのかと思いつつも、特に人がいなかったので中に入ります。

SUMMIT VIEW POINTには木製の足場がありましたが、しばらく誰も来ていないようで手入れは特にされていない状態でした。

180 VIEW POINT への行き方

SUMMIT VIEW POINTとは反対の道、左側の道を進みます。

また道は細くなり、下り坂を進んでいきます。

しばらく進むとバイクが2台止まってあったので、先客がいるのか~。などと思いながら進むと。。。

まさかのメインゲートは閉まっていましたが、横から入れました。

ゲート横の大きな岩には、THE VIEW BARと書いてあり、この先にお店があるという事を認識。

また入口があり、1人100バーツとの記載が。。。さっきからこれは何なんだろう。。

恐る恐るゲートをくぐり中に入ると、以前はお店があった様子が伺えるものがたくさんあるのですが、現時点では廃墟寸前の様子でした。

ここから見える景色の写真を何枚か撮り(写真は下記へ)、不気味だったので早々に出ました。

ビューポイントの景色を楽しむ

マンゴービューポイントの景色

ただの景色だけの写真です。

座ったところを撮ってもらった写真です。

立って撮っても良い感じです!!

SUMMIT VIEW POINTの景色

木製の吊り橋のような所を渡ると景色が良さそうなので、進みます。

今すぐにも壊れそうな橋でしたが、なんとか渡りきることができました。

一番先の岩の上からの景色です!!!

ちょっとだけセルフィーにチャレンジしたのですが、セルフィーは難しかったです。

180 VIEW POINTの景色

180 VIEW POINTの景色ですが、SUMMIT VIEW POINTとあまり変わらないような気がします。

最後に

3つのビューポイントを巡り、マンゴービューポイントの入口のカフェに戻ってからのコーラは格別の味でした。

しかし、こういった山の上のお店の事ということもあり、通常よりも高い値段で飲み物が販売されています。

それでも、このマンゴービューポイントでは都心では絶対に見ることができない場所になっているので、タオ島に訪れた際はぜひとも寄ってみてください。

このブログが、タオ島で、キレイな景色のビューポイントを探している方の参考になれば嬉しいです。

タオ島の他のビューポイントはこちら
・丘の上にある「Deisha Viewpoint」に行ってみた!
・絶景の朝日が見れるジョンスワン ビューポイントに行ってみた!
・サンダルでも綺麗な景色を楽しめるビューポイント「SUN SUWAN 360° VIEW」
・タオ島から絶対に行くべき【ナンユアン島】行き方・楽しみ方

タオ島のホテル情報はAgodaが豊富です

バンコク から タオ島 バスでの行き方はこちら

関連記事