【タオ島】レンタルバイクで行ける ビーチ11選

サワディーカップ。

このブログでは、タオ島好きの私が選ぶレンタルバイクで行けるタオ島内のビーチ11カ所を紹介したいと思います。タオ島旅行中に、レンタルバイクでタオ島の様々なビーチに行ってみたので、ビーチの場所、行き方、景色を紹介したいと思います。
タオ島で、レンタルバイクを使って様々なビーチ巡りをしてみたい方の参考になれば嬉しいです。

このブログを読んでほしい人
・タオ島を旅行中、旅行を計画している人
・タオ島内の様々なビーチに行ってみたい人
・タオ島内をレンタルバイクで旅行してみたい人

タオ島のビーチとは

タオ島内には、レンタルバイクで行けるビーチが11カ所以上あります。
今回、紹介するのはその中でもバイクで安全に行けるビーチ11カ所を紹介します。

Sairee Beach から反時計回りに記載します。緑色の印はMae Haad Pier(メーハート港)です。
1. Sairee Beach(サイリービーチ)
2. Mae Haad Beach (メーハートビーチ)
3. Jansom Bay(ジャンソムベイ)
4. Sai Nuan Beach (サイヌアンビーチ)

5. Chalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオベイ)
6. Freedom Beach(フリーダムビーチ)
7. Shark bay(シャークベイ)
8. Sai Daeng Beach(サイデンビーチ)
9. Leuk Bay(ルークベイ・アオルーク)
10. Tanote Bay(タノーテベイ)
11. Hin Wong Bay(ヒンウォンベイ)

タオ島のレンタルバイクの料金・借り方・注意点については、こちらをご覧ください

1. Sairee Beach(サイリービーチ)

1.Sairee Beach(サイリービーチ)はタオ島内では、一番ビーチが広く大きいため有名なビーチです。

ビーチ沿い・ビーチ周辺には数多くのレストランや宿泊施設、ダイビングショップがあるため、タオ島内では最も賑わっているエリアでもあります。

サイリービーチの最も南側 「Ocean View Resort」というホテルの目の前であれば、港からバイクで2-3分程度と非常に近く、途中に急な坂もありますが歩いて15分程度で到着することができます。

タオ島の西側に面しているビーチのため、サンセット(夕日)を見たい方にはおすすめです!!

2. Mae Haad Beach (メーハートビーチ)

2. Mae Haad Beach (メーハートビーチ)は、タオ島の港から最も近いビーチです。

実はこのブログのタイトルに反し、レンタルバイクを使わなくても港から簡単に行ける唯一のビーチです。港からバイクで1分、徒歩3分です。

メーハートビーチには、Breezeというカフェがありクッションソファでのんびりしたり、SUPを楽しんだりすることもできます。

サイリービーチ同様に、西側の海にあるためサンセット(夕日)を楽しむことができます。行った日は、すごい夕焼けでした。

3. Jansom Bay(ジャンソムベイ)

3. Jansom Bay(ジャンソムベイ)は、港からバイクで5分+徒歩5分の場所にあるビーチです。

入場料金は200THBが発生するという案内版があったのですが、朝の8時くらいに行った時はどこで払うのかわからず進んで行ったらビーチに辿り着きました。

Jansom Bay(ジャンソムベイ)の場所・行き方

バイクでビーチ前まで行くことはできず、Charmchuree Villaのバイク駐車場にバイクを止め、そこから歩いて5分くらいの場所にビーチはあります。

こちらは、Charmchuree Villaのバイク駐車場です。

Jansom Bay行きの看板があるので、矢印に方向に歩いて行きます。

進んでいくと、Jansom Bayはプライベートビーチだから、ビジターは200THBを払う必要があるという看板がありました。ただ、どこで払うかは不明でした。

ビーチへ向かう途中、何度も分かれ道があるのですがとにかく真っすぐ進みます。

バイクの駐車場からは、まあまあの距離を歩きますがビーチに到着するとこの看板が見えてきます。

4. Sai Nuan Beach (サイヌアンビーチ)

4. Sai Nuan Beach (サイヌアンビーチ)は、港からバイクで約10分の場所にあるビーチです。

ビーチ入口には、小さなレストランや売店があるため、長い時間ビーチに滞在することができます。

Sai Nuan Beach (サイヌアンビーチ)の場所・行き方

ビーチのすぐ近くにバイクの駐車場があるため歩く距離は短めです。

Google Mapにて記された経路に沿ってバイクを走っていると途中に看板が見えると思います。

ビーチ近くになると、別れ道がありこの看板を見るとビーチは矢印に方向にあると書いていますが、この看板の矢印は通常に入口とは異なるようです。正しくは、矢印と反対の道です。

この看板の奥にバイクの駐車場があります。

こちらがバイクの駐車場です。日陰になっているのがありがたいです。

進んでいくと、入口があります。入場料金は無料です。

ビーチ入口の小さなレストランでは飲み物や、食事が販売されています。

5. Chalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオ ベイ)

5. Chalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオ ベイ)は、港からバイクで約7分の場所にあるビーチです。

ビーチ沿いには、レストランや宿泊施設、ダイビングショップがあるため、ゆっくり過ごすことができる環境が整っています。

Chalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオ ベイ)の場所・行き方

ビーチまでの道のりは、コンクリートで舗装された道路のみを走り、急勾配の坂道も少ないので比較的安全に到着できます。

ビーチ入口の目印はこちらの鳥居のようなゲートです。このゲートを抜けると少しだけ急な下り坂がありますが、すぐにバイクの駐車場とビーチが見えてくるので簡単に着きます。

6. Freedom Beach(フリーダムビーチ)

6. Freedom Beach(フリーダムビーチ)は、港からバイクで10分の場所にあるビーチです。

バイクの駐車場に受付スタッフがいる時間帯は、入場料 50THBが掛かってしまいます。近くに飲食物を販売しているお店はなかったので、長居には向かなさそうです。

実はこの場所、有名なビューポイントのジョンスワンビューポイントと同じ場所にバイクの駐車場があります。

絶景の朝日が見れるジョンスワン ビューポイントのブログはこちら

Freedom Beach(フリーダムビーチ)の場所・行き方

ビーチまでの道のりはコンクリートで舗装された道を進むので比較的安全です。場所は、上記のChalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオ ベイ)の入口前を通り過ぎて、もっと道の奥に進んだ先にあります。

こちらは、バイクの駐車場です。右にあるパラソルの下に人がいて、「どこに行くの?」と英語で聞いてくるので、フリーダムビーチに行くと伝えると入場料 50THBを請求されます。

この時に、ジョンスワンビューポイントに行くと言ってしまうと100THBを請求されると思います。そのため、ビューポイントに行く予定があってもフリーダムビーチに行くと伝えると自動的に安くなります。特にチケット等もないです。

ビーチには、屋外ではありますが無料のシャワーもあります。

ビーチにはブランコも日陰となる場所もあります。

そして、実はこのフリーダムビーチですが、上記のChalok Baan Kao Bay(シャロクバンカオ ベイ)と繋がっているので、頑張れば歩いても行けます(笑)

7. Shark bay(シャークベイ)

7. Shark bay(シャークベイ)は、港からバイクで8分+徒歩3分の場所にあるビーチです。

タオ島内のビーチの中では、砂浜のエリアが小さく、ごつごつした岩が多いビーチです。

Shark bay(シャークベイ)の場所・行き方

シャークベイの入口は、上記で紹介しているフリーダムビーチの少し手前を左に曲がる所が入口になります。

シャークベイの入口には看板があるので、少し奥にバイクの駐車場があります。

入口は左側にある建物内の階段になります。

看板に従って、階段を下りていきます。この建物で、飲み物やスナックが販売されています。

階段を下っていると、「本当にこの先にあるのかな~??」と不安になりましたが、この先にあります。

1本道の途中にも、シャークベイ行きの看板があるので助かります。

ようやくビーチらしきものが見えてきました。

階段の上からもわかるように、海には岩がたくさんあります。

ビーチでは、本を読んでいたり、寝ている人がいました。犬も遊んでいます。

シュノーケリングをする際は、裸足では岩に乗ると滑って危ないです!!

8. Sai Daeng Beach(サイデンビーチ)

8. Sai Daeng Beach(サイデンビーチ)は、港からバイクで約12分+徒歩2分の場所にあるビーチです。

ビーチ前には、Sai Daeng Resort Koh Taoという宿泊施設があり、ビーチ前にレストランもあるのでゆっくりくつろぐ事もできそうです。カヤックもあったので、アクティビティも楽しめます。

Sai Daeng Beach(サイデンビーチの場所・行き方

サイデンビーチまでの道のりは、複雑ではないので簡単にたどり着けると思います。

道路にも、たくさんの看板がある中でSai Daeng Beachへの案内もあります。

途中の道路にも、Saidengの「S」が抜けた案内表記があります。この道路の先に、展望台のような広いスペースがあります。

その場所にバイクを止めてビーチまでは徒歩2分くらいで着きます。

朝日の写真ですが、すごく綺麗に見えます。

ビーチは、右側にある下り坂の先にあります。

海水の透明度も浅いところは、まあまあ綺麗です。

9. Leuk Bay(ルークベイ・アオルーク)

9. Leuk Bay(ルークベイ・アオルーク)は、港からバイクで約10分の場所にあるビーチです。

ビーチは宿泊者以外は、朝の9時頃からしか入れないようにゲートに鍵が掛かっています。また、入場料が100THB請求されますが、「50THBでもいい?」と試しに要ったら50THBで大丈夫でした(笑)

他のビーチと異なり、海中の砂がさらさらなので、裸足でも全く問題なく遊ぶことができます。岩の近くに行けば魚もいるので、泳ぎたい人もシュノーケリングをしたい人にもおすすめのビーチです。

Leuk Bay(ルークベイ・アオルーク)の場所・行き方

道のりは複雑ではないので、Google Mapを使えば簡単に着くと思います。

道路の途中に看板があるので、矢印の方向へ進みます。

入口はこちらです。バイクはこの入口の手前に止めることができます。

チケット売り場というか料金所です。100THBと記載していますが、「50THB OK??」と聞いて値下げしてもらいました。後ろのほうに冷蔵庫がありましたが、空っぽでした。

コロナウイルスの問題が静まれば、飲食物も販売されると思います。

屋根付きのビーチベンチもあるため、ゆっくりできそうです。

ビーチは、広すぎず狭すぎずという感じです。

水の透明度も高めです。個人的には、絶対に行くべきおすすめのビーチです!!

10. Tanote Bay(タノーテベイ)

10. Tanote Bay(タノーテベイ)は、港から約12分+徒歩3分の場所にあるビーチです。

ビーチ沿いには、宿泊施設や売店、レストランがあるためゆっくり過ごすことができます。

また、沖にある大きな岩はジャンピングロック?と呼ばれており、よじ登って高さ7メートルから海に飛び込むというのが人気のアクティビティのようです。

Tanote Bay(タノーテベイ)の場所・行き方

道のりは、コンクリートで舗装された道ではありますが、急勾配な上り坂と下り坂を通るためスピードはあまり出さずにゆっくり行くのがおすすめです。

Google Mapを使ってタノテベイに向かうと、看板があるので矢印の方向へ進みます。

バイクの駐車場はこちらのみです。奥までバイクで行けるようになっているのですが、奥にある駐車場は、ビーチ沿いのリゾート施設の宿泊者専用です。

バイクの駐車場からは少しだけ歩きます。

ビーチには、レストランもあります。

売店もある感じでした。

これが、ジャンピングロック?です。この日は朝早い時間にビーチに行ったこともあり飛び込んでいる人はいませんでした。

ワンちゃんも気持ちよさそうに泳いでいました。

11. Hin Wong Bay(ヒンウォンベイ)

11. Hin Wong Bay(ヒンウォンベイ)は、港からバイクで約12分の場所にあるビーチです。

バイクの駐車場に駐車料金が20THBという表記がありましたが、どこで払うのかわからず、受付の人がいるわけではないので言われたら払いましょう。

以前はビーチ付近にレストランがあったのですが、コロナの影響で観光客が減少したのか、営業はしていませんでした。

Hin Wong Bay(ヒンウォンベイ)の場所・行き方

ヒンウォンベイまでの道のりは、コンクリートで舗装された道を進むのですが、かなりの急勾配の上り坂・下り坂を進むのでスピードは出しすぎないで安全に行きましょう。

こちらの駐車場までの道のりは複雑ではないので、Google Mapを使えば迷わずに来れます。

こちらの看板に駐車料金20THBと書いていますが、どこで払えば良いのか。。。

ビーチへの道には、Barと書かれた看板がありましたが、この日は営業している様子はなかったです。

水の透明度も高く、私の他にもシュノーケリングを楽しんでいるグループがいました。海から撮ったビーチです。

最後に

このブログでは、レンタルバイクで行くことができるタオ島のビーチ11カ所を紹介しましたが、ビーチに行く目的もそれぞれ違うと思うので、ぜひ自分のお気に入りのビーチを見つけてください。

私のお気に入りは
・泳ぐなら、ルークベイ
・シュノーケリングなら、ルークベイヒンウォンベイ
・昼のビーチでゆっくり過ごすなら、サイデンビーチサイヌアンビーチ
・夜のビーチでゆっくり過ごすなら、サイリービーチ です。

また、敢えてこのブログでは紹介していないのですがマンゴーベイというビーチもレンタルバイクで行くことができるビーチの1つです。

ただ、私はレンタルバイクで行くのはおすすめしません。道のりは、マンゴービューポイントの先にあるのですが、道がかなり険しく坂道も急勾配のため相当の運転技術がないと危ないです。
私は、日本ではバイクの中型免許を持っているので慣れていると思ったのですが、レンタルバイクのスクーターでマンゴーベイに行こうとしてあまりの道の険しさに断念して折り返してきました。

それでも行ってみたいという人は、マンゴーベイへの道なりの山は携帯電話の電波も繋がりづらいので、一人ではなく誰かと一緒に行くことをおすすめします。

ぜひ、行ったことがないビーチがあればいろいろ行ってみてタオ島旅行を楽しんでください!

このブログがタオ島で、レンタルバイクを使って様々なビーチ巡りをしてみたい方の参考になれば嬉しいです。

レンタルバイクを借りるならビューポイントもおすすめです!
・ジョンスワンビューポイントへの行き方はこちら
・マンゴービューポイントへの行き方はこちら

関連記事